安心な食を守る食品衛生法

みなさんは、食品衛生法をご存知でしょうか。
この法律は日本国内において、飲食によって起こるさまざまな危害の発生を防ぐために定められたものです。
ここでは、その内容について一部紹介します。
食品衛生法の所管は厚生労働省です。
食品や食品添加物、さらに食器、割烹具、容器、包装、乳児用おもちゃなどについても規制しています。
食品添加物とは、食品の製造過程や食品の加工、保存の目的で、食品に添加したり混和するなどの方法によって使用するものと定義されています。
厚生労働大臣が定めたもの以外は、使用が禁止されています。
また、新開発食品の販売についても規制がされています。
科学技術の発展によって、これまでにない食品も摂取する可能性が出てきました。
このため厚生労働大臣は必要に応じて安全性の確証が得られるまで、暫定的にその販売を禁止できることになっています。
この他にも、日本の食品等について数々の規制が設けられています。
それによって、私たちは安心してお店で買ったものを食べることができています。

水なしで服用できるフィルムのバイアグラ
口の中に入れてから短時間で溶けるので、水要らずでどこでも服用することが可能です。

交際クラブは青山プラチナ倶楽部がおすすめ

高収入なチャットレディを目指すなら福岡のチャットレディジャパン

最新記事

  • 食の文化は国によって違います。
    食べ物の好みから、同じものを食べた時の感じ方まで違いは様々です …

    詳細はコチラ!

  • 食品衛生法とは、飲食による衛生上の危害が起こるのを防ぎ、公衆衛生の向上や促進が目的に作られた法律です …

    詳細はコチラ!

  • 食品衛生法は飲食によって起きる危害を発生させないための法律です。
    医薬品や医薬部外品を除いたす …

    詳細はコチラ!