食品衛生法の役割とは

食品衛生法とは、飲食による衛生上の危害が起こるのを防ぎ、公衆衛生の向上や促進が目的に作られた法律です。
この法律によって食品の安全性をしっかり確保していき、国民の健康の維持が保護されます。
森永ヒ素事件をきっかけにこれまでに何度も改定されてきました。
この法律によって、規格基準に合っていない添加物や食品の販売が禁止されています。
また疫病にかかった動物の肉などの販売を規制したり、腐敗や異物の混入、有毒物質が含まれている物や病原微生物に汚染されている物も禁止されています。
また、加工食品の内容の表示や飲食店の販売などの許可、幼児の使用するおもちゃの規制や中毒に関する調査や報告なども行っています。
日本に住んでいる全ての人が、この法律により食の安全が確保されているのです。
また、日本に住んでいる全ての人は、この法律に従わなければなりません。
人間の命や健康の維持や促進のために、この食品衛生法はとても重要な役割をしているのです。