食品衛生法についての概要

食品衛生法は飲食によって起きる危害を発生させないための法律です。
医薬品や医薬部外品を除いたすべての飲食物が規制の対象となり、販売や製造だけでなく採取から加工、貯蔵、輸入運搬に至るまで食品に係る行為すべてを含みます。
この法律の目的は、食品の安全性を確保することであり、食中毒や摂取すると害のあるものから国民を保護しています。
腐敗した者や未熟なもの、有毒であったり害のあるもの、病原体に汚染されている疑いのあるもの、不潔であったり異物が混入しているものはこの法律により販売することはできません。
また食器や容器、包装なども食品に係るものとされ、特に飲食店などを経営する場合は公共衛生に与える影響が大きいとして、基準を満たしているか厳しく調査されます。
都道府県の保健所には、専門知識を持つ監視員が配置されていて、営業施設に対して監視や指導を行っています。
この法律によって、日々の食事を安全に行うことができるのです。